遠視もレーシックできる!費用と手術方法

遠視の人のためのレーシック

遠視は字が示すように、近視の逆の症状となります。近視・遠視・乱視はすべて屈折異常という病気です。レーシックはこの屈折異常を修正するレーザー手術ですから、近視と同様に手術が可能です。

遠視の治療もできるイントラレーシック施術メニュー比較

イントラレーシック比較のポイント!!
イントラレースiFS、イントラレースFS60のどちらを使っているかで金額に違いがでます。iFSの方がより高性能なので予算に余裕があればiFSがよいでしょう。強度の近視・乱視の場合、イントラレーシックを受けられないこともありますが、iFSになって楕円形の薄いフラップ作成も可能になり、乱視が強い方に対応した施術も可能になっているようです。(フラップは薄い方がよい?)またフラップのエッジ角度が鋭角に設定できるので、角膜周辺部に入り込むようにフィットして接合性が良くなったと言われています。

矯正機器(エキシマレーザー)はアレグレットEye-Qが主流のようです。ビジックスS4はアイレーシックでよく使われるもので、複雑な形状に合わせた照射が可能です。

クリニック&メニュー 価格(万円) 主な使用機材
錦糸眼科 エリア(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡)
イントラ・ファーサイトレーシック
(遠視)
23 イントラレースiFS,Technolas 217P
イントラ レーシック 20 イントラレースiFS,Technolas 217P
ZDW(不正乱視の矯正 )、Aspheric( 夜間視力の低下 防止)、TS(角膜が薄い・強度近視)、PTA(副作用等の発生リスクを軽減)など状態に合わせた選択肢が多数あり
SBC新宿近視クリニック エリア(東京・横浜・大阪)
プレミアムイントラレーシック 18.8 イントラレースiFS(FS60) , アレグレットEye-Q
iFSオーバルイントラレーシック 23.8 イントラレースiFS , アレグレットEye-Q
Ocu-Linkプラチナイントラレーシック
(角膜形状 解析装置など)
21.8 イントラレースiFS , アレグレットEye-Q
品川近視クリニック エリア(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡)
プレミアムイントラレーシック 9.2 イントラレースFS60, アレグレットEye-Q
トリプルRイントラレーシックアドバンス
(不正乱視防止)
15.8 イントラレースFS60, アレグレットEye-Q
コンベンショナルイントラレーシック
( 角膜 が薄い人向け)
17.8 イントラレースFS60, ビジックスS4 IR
RSレーシック
*イントラレーシックではないが比較の為
24 EX500,FS200,VARIO
(ともにウェーブライト社2011年発売の新機材)
神戸神奈川アイクリニック エリア(札幌・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡)
iFS イントラレーシック 23.5 イントラレースiFS, ビジックスS4 IR
東京近視クリニック エリア(東京・横浜・大阪)
プラチナイントラレーシック 15.8 イントラレースFS60, アレグレットEye-Q
EX500イントラレーシック 18.8 イントラレースFS60, エキシマレーザーEX500 (EX500:2011年発売の新機材)
RSレーシック
*イントラレーシックではないが比較の為
24 FS200, エキシマレーザーEX500
(ともにウェーブライト社2011年発売の新機材)
RSレーシックとは?
FS200, エキシマレーザーEX500というウェーブライト社2011年発売の新機材を使う施術。フラップを作成するフェムトセカンドレーザーと屈折矯正を行うエキシマレーザーが一体になっているので、フラップ作成後、部屋を移動せずにそのままエキシマレーザーの照射行程に入れます。RSレーシック比較