レーシックHOME » 「白内障手術」老眼を同時に治療する

「白内障手術」老眼を同時に治療する

白内障とは、目の中の水晶体(レンズ)が濁る病気です。目の中のレンズが濁ることにより、視力が低下して、かすんで見えたり、明るいところへ出るとまぶしくかんじたりします。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障(生まれつきは先天性白内障)で、60歳代で70%の人が白内障にかかっているそうです。白内障だけでは痛みがなく自覚症状のない人が多いのです。

ただし白内障が進行すると、緑内障ブドウ膜炎などの他の恐ろしい疾患を併発してくることもあります。定期的に専門医の診察を受けて適切なアドバイスを受けるようにしましょう。レーシック手術の検査などで発覚する人も多いようです。

白内障の手術方法図説

従来の白内障治療で使用されるレンズは、単焦点(ピントがひとつ)のため、手術後、遠くは見えるものの、近くを見るときは老眼鏡が必要でした。つまり白内障の手術をするということは、もれなく老眼になるということです。そこで老眼を改善するために多焦点眼内レンズが開発されました。

老眼鏡を使う頻度を軽減させたい方や、白内障の症状が出ている方

「遠近両用白内障手術」は多焦点眼内レンズを使用するため、手術後は遠くも近くも見えるようになり、老眼鏡の使用を減らすことができます。多焦点眼内レンズには2種類あり、「遠くと近くが見えるレンズ」と「遠くと中間距離が見えるレンズ」に分かれ(※中間距離:パソコン作業をする際のパソコン画面までの距離が目安)、ライフスタイルにあわせて選択します。

日本国内で認可をうけた多焦点眼内レンズは『レストア(ReSTOR)、『リズーム(ReZOOM)』、『テクニス・マルチフォーカル(Tecnis  Multifocal)』の3種類になります。

多焦点眼内レンズは『レストア(ReSTOR)、『リズーム(ReZOOM)』、『テクニス・マルチフォーカル(Tecnis  Multifocal)』の3種類

白内障の手術ができるクリニック

主な施術クリニック
神戸神奈川アイクリニック(札幌・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡)
品川近視クリニック(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡)
*多焦点レンズは東京院のみ

遠近両用白内障手術の神戸神奈川アイクリニック

通常、「遠近両用白内障手術」は乱視がある方は受けられませんが、神戸神奈川アイクリニックでは乱視にも対応することができるそうです。また白内障手術をすでに行っている方むけのAdd-Onレンズ(近視・遠視・乱視を矯正)もあります。またレーシックの手術をした後に白内障になってしまった人の治療もできます。
老眼・白内障・緑内障手術治療の症例数も日本トップクラスの実績
神戸神奈川アイクリニックでは「遠近両用白内障手術」における症例数は国内症例数NO.1。(特に北澤先生は白内障手術でも15,000症例以上)レンズ系の治療に最も詳しいクリニックで、緑内障手術なども対応しています。

神戸神奈川アイクリニックの遠近両用白内障手術

対応エリア:札幌市、東京(新宿・恵比寿)、名古屋市、大阪市、神戸市、福岡県(天神・小倉)

遠近両用白内障手術の口コミ体験談・評判レビュー

神戸神奈川アイクリニック:遠近両用白内障手術東京都 投稿者:にぶんさん
老眼の度数が+3.00くらいになってみえずらくなっていましたし、白内症も進んでいるようでした。ある医療系の雑誌にこちらの老眼治療のはなしが載っていて、多焦点レンズの説明をし…続きを見る
神戸神奈川アイクリニック:遠近両用白内障手術  老眼大阪府 投稿者:剛志
50年間の眼鏡生活に終止符をうちました。定年後時間もできたので登山をするようになり、仕事のときなどはあんまり気にしてませんでしたが、すごく邪魔に思えてきました。温泉などにはいるとき眼鏡なしだと、せっかくの景色も見えません。雨が降ると曇ったり、、、妻にレーシックの話をすると、老眼で白内障なのに、無理じゃない?…詳細を見る
神戸神奈川アイクリニック:遠近両用白内障手術(老眼治療)大阪府 投稿者:とみお
多焦点レンズの使用により「遠くも近くも見える」という遠近両用白内障手術をうけました。当初は、軽く考えておりネットで調べた結果、イントラレーシックがいいだろうということで、適応検査を受けた結果。角膜が適応していないため受けられないとのこと。で、老眼なども強くなっていたし・・・遠近両…詳細を見る
レビュー評価数:3件/3件中評価点平均:9/10点、

常にお客様の視点に立ち、心を込めたおもてなしと充実のアフターケア

ただいま、電話がつながりにくくなっていますので下記問い合わせフォームからお申込みください

無料適応検査申し込みフォーム