レーシックHOME » 白内障手術(単焦点・多焦点レンズ)

白内障手術(単焦点・多焦点レンズ)

50代では50%、60代では60%以上が白内障

白内障とは、目の中の水晶体(レンズ)が濁る病気です。目の中のレンズが濁ることにより、視力が低下して、かすんで見えたり、明るいところへ出るとまぶしくかんじたりします。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障(生まれつきは先天性白内障)で、60歳代で60%以上の人が白内障にかかっているそうです。

白内障により水晶体が濁ると、「かすんで見える」「もやがかかっている」「まぶしい」などの症状が出て、視力が低下していきます。白内障だけでは痛みがなく自覚症状のない人が多いのが特徴です。

ただし白内障が進行すると、緑内障やブドウ膜炎などの他の恐ろしい疾患を併発してくることもあります。定期的に専門医の診察を受けて適切なアドバイスを受けるようにしましょう。

単焦点、多焦点レンズ

白内障の手術は濁った水晶体を除去してレンズを挿入します。レンズは2種類あり、単焦点(ピントがひとつ)のため、手術後、遠くは見えるものの、近くを見るときは老眼鏡が必要になります。 多焦点レンズは遠くも近くも見えるようになり、老眼鏡の使用を減らすことができます。

費用的には、単焦点レンズは30万円~くらいですが、多焦点の場合はその倍くらがい相場のようです。

多焦点レンズの詳細

白内障手術

使用機材 単焦点レンズ、多焦点レンズ
価格帯 30万~80万円
白内障の手術は濁った水晶体を除去してレンズを挿入します。レンズは2種類あり、単焦点(ピントがひとつ)のため、手術後、遠くは見えるものの、近くを見るときは老眼鏡が必要。 多焦点レンズは遠くも近くも見えるようになり、老眼鏡の使用を減らせる。
主な施術クリニック
神戸神奈川アイクリニック
(札幌・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡)
品川近視クリニック
(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡)
白内障の手術